社長が借入金の借入金利のことで重役と相談する長所と短所

社長が借入金の借入金利のことで重役と相談すると、重役が最近の会社の資料を見せてくれる、社員が安心するなどが長所です。例えば社長が重役を部屋へ呼び寄せ、会社の長期借入金のことで相談したとします。その話を聞くと重役は、会社の決算資料を自社サイトに掲載してあるIR資料を使って見せてくれます。そして、会社の業績が伸びているので、借入金利に十分対応できると教えてくれると想定されます。社長は話を聞くと気持ちが安堵する可能性が高いです。気持ちが落ち着くと気分が良くなるので、社員達に飲み会の席を用意してくれます。社員達は飲み会を大いに楽しむため、社長に対して恩義に感じることから、更に仕事を励むようになります。社員達が仕事を頑張ると、会社の業績も良くなるので、借入金を減らす効果につながります。社長にとっては喜ばしい出来事と言えます。

あと、重役の話を聞いた結果、借入金を減らすことになった場合は、社員達に話が伝わると安心してくれます。借入金が豊富な企業は何とかしてその負債を減らすため、リストラを行う場合があります。そのため、借入金を減らす余裕がある時は、リストラは行わないと見ていいいです。リストラという名前は社員にとっては予期せぬ出来事なため、行わないと知った時は安堵しても不思議ではないです。短所は株式のことにまで話が及ぶと難しい、借入金は一気に減らせないなどです。借入金を減らすため、自社株式を売却しようという話が出てくることがあります。社長が持つ株式を売れば確かに借入金を減らすことが可能ですが、誰かが会社を買収するためのきっかけにつながることがあります。なので、難しいと考えてもおかしくないです。あと、借入金を一気に減らすには自社の資金を使うか、何らかの現金同等物が必須となります。それらを使えば借入金を減らせますが、会社の資産が減る要因になるため、決断しにくいと感じても不思議ではありません。なので、借入金は毎月少しずつ減らしていくのが一番無難と言えます。