借入時の審査で見られるポイント

カードローンなどで借入をする時、審査で見られるポイントとしては、年収が一番にあげられます。消費者金融で借りる場合には、「年収の3分1まで」という総量規制の基準があるので、一定以上の年収がなければ、法律的に借りることができません。また、年収の3分の1までなら絶対に借りられるというわけではないということにも注意が必要です。例えば、年収が150万円の人なら、法律的には50万円まで借金をすることができます。しかし、年収が150万円で、他に年金や親からの仕送りなどももらっていない人は、かなり生活が苦しいでしょう。年金受給者、主婦の人などは余裕があると見なされて限度額50万円のカードローンを作れることはありますが、基本的には、年収が低い人は不利になります。逆に、年収が900万円の人なら、借金が300万円あってもまだまだ自由に使えるお金がありますので、年収の3分の1まで借りられる可能性は高くなります。(借入れについて

結婚をしているかどうか、子供は何人いるのかなどの要素によっても異なってくるので、一概には言えませんが、一般的には年収が高いほど、審査では有利になります。年収は高いほうが良いですが、安定した職業についているということも重要です。同じ年収なら公務員の人が一番有利でしょう。芸能人などは高い年収を得ていることがありますが、不安定な職業なので、ローン審査では不利になるようです。他には、個人信用情報、他社からの借入状況、居住形態、年齢、社会保険に加入しているかどうかなども重要になります。特に、過去に延滞をしている人や、ブラックリストに載ってしまっている人は、過去の記録であり、一定の期間が経過しないとその記録は消えないということから、とても重要になってくるでしょう。住宅ローンのようにたった1回の延滞があるだけでも審査落ちの理由になってしまうこともあるような厳しいローン審査もあるので、延滞には十分に気をつけておきましょう。